ラウンド前にもストレッチ

ゴルフの技術をより上達させるためには、筋肉トレーニングを行ってスイングのために必要なパワーを生み出すのと同時に、しなやかな柔軟性を身に着けることも大変重要です。柔軟性を高めるためには、ストレッチが効果的です。筋肉トレーニングと併せて、ゴルフで使うことが多い身体の部位を意識しながらストレッチを行うことで、より効果を出すことができます。

ゴルフを行うにあたって、特に重要だといえる部位は、肩、股関節回り、そして腰です。これらの部位の筋肉をほぐし、柔軟性をアップさせることで、スイングの姿勢が格段に良くなり、飛距離を伸ばすことに役立ちます。たとえば肩回りのストレッチは、肩甲骨を意識してほぐすように行います。肩甲骨周辺の筋肉が柔らかくなることで、可動域が広がり、正しいスイングが行えるようになります。

日ごろのトレーニングとしてのストレッチも大切ですが、実際にコースに出てラウンドを行う前にも、ストレッチを行うようにしましょう。特に背中や肩甲骨、脇腹などを重点的に行いましょう。特に背中は、ゴルフに必要な回転のために必要な筋肉が集中しています。ラウンド中でも意識をしてストレッチを行うだけでも、ずいぶん違ってきます。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket